>  > 本物でやってみせるより、私にとってはこっちのほうが恥ずかしかったりして・・。

本物でやってみせるより、私にとってはこっちのほうが恥ずかしかったりして・・。

年を越しても私の財布は重たならず。初詣の神社のお賽銭箱にダイビングしたい気持ちを抑えて家にもどり、高収入風俗求人サイトを通じて風俗店に連絡してみました。お正月にもやってるんだ・・何故か採用された私はその勢いで研修を受けることになりました。その研修もいよいよ佳境かも・・。正直平常運転の店長のおちんちんも、“途中でちょっとは元気になってくれるんじゃないか”って思っていたけれど…店長のおちんちんは、結局終止冷静なままだったんですよ。実は、ちょっとでも元気になってきたら、私なりの技というか「工夫」があったんだけど。、それを試す機会もなく、ただひたすら、舌先でチロチロと舐めたりしか出来なかったんです。『…あの…どこで止めたらいいのかわからないんですが…。』というと、店長が笑いながら『確かにそうだよね。じゃ、とりあえずその辺で一旦ストップしてみて・・』と言ったんです。時間にして、たったの3分ほどだったんですけどね。正直、(こんなので、研修になるのかなあ…)なんて思っていたら、店長が紙袋をゴソゴソして、ある物体を取り出したんです。それは、いわゆる「大人のおもちゃ」の一つ。男の人のおちんちんを型取った、バイブだったんです。『きちんと丁寧な扱いをする事はわかったから、細かいところはこれでちょっと見せてもらうね』(…わあ…。本物でやってみせるより、私にとってはこっちのほうが恥ずかしかったりして・・。

[ 2014-05-24 ]

カテゴリ: 風俗求人体験談